Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

サルサ・ラバーズ小説

サルサ音楽にのせて贈るダンサーたちの恋愛小説。ニューヨーク・シティーの雑踏の中で織られるラテン・アメリカン系の物語。様々な愛の形を、ブログ小説でお届けします。

テ・アモ(Te Amo)第1章

細身のスーツを着こなした若い男性とエリカは、曇り空を指差し、肩をすくめ、笑いながらハグを交わし、手を振った。

 

スペイン語の嬌声があまりの大声なので、私はいちいち辺りを見回してしまうのだが、さすがはニューヨーク、人々はコートの襟を立てたまま、足早に通り過ぎるだけだ。

 

「今のやつも、ペルー人だった!」

 

浮かれついでにギターを意味もなくかき鳴らし、 白い息を吐きながら、エリカは言った。

 

「ついでに、『君の彼女?』って、お前の方を指差して聞いてきたぞ。さすが、ニューヨークのゲイは、鋭い」

「さすが本場だね」

と苦笑する。「でも、エリカ、ちゃんと訂正したでしょうね?そうじゃないって」

「ふふん」

エリカは鼻を鳴らし、答えない。

 

三日前にニューヨークに着いてから、 浮き沈みが激しかったが、いよいよ目的の日が明日だというので、今日のエリカは手がつけられない。

 

いきなりけたたましく笑ったり、ぼーっとして返事もしなかったり、まるで子供だ。

 

私は、まさにベビーシッターとして連れてこられたのだ。その事実を私は心の中で呪った。

 

その時、ショートヘアの中年女性二人が、エリカのギターを見て立ち止まった。二人とも、暖かそうなウールのコートに太り気味の体を包んでいる。よく似た雰囲気の二人だと思ってみたら、なんと、二人は仲睦まじげに手を繋いでいた。

 

そんな必要もないのに、私はそれを見た途端に目をそらしてしまった。いけないものを見たかのような罪悪感が、不思議に沸き起こる。

 

エリカは、もちろんそんなことには無頓着に、ギターを膝に抱えたまま、今は土まで凍てついている花壇の端に腰をかけて、エリカにしては愛想よく、ハーイ、と声をかけた。

 

「どんな歌を弾けるの?」

一人がイギリス訛りの英語で聞いた。

 

「なんでも」とエリカが大嘘をつく。

 

「今日は、彼女の誕生日なのよ。なにか素敵なのを弾いてあげて」と言われて、もう一人が恥ずかしそうに笑った。

 

「じゃあ、二人にぴったりな一曲を捧げましょう」

 

エリカが、どこかで聞いたことのあるイントロを弾き始めると、コードを押さえる指先がピンク色に染まった。真っ直ぐの長い髪の毛が、時折強くなる冬の風にあおられて、少しだけ乱れる。

 

短く息を吸い込むと、低く、艶のある声が、あの小さな体からほとばしり出て、歩道を満たす。

 

無関心なニューヨーカーたちが、一人、二人と立ち止まる。それだけの力があるのだ、エリカの声は。

 

私もポケットに両手を入れて、この歌姫が愛と運命を語るのに耳を傾けた。

 

<第2章へ続く>

<ブログの文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください>

twitter.com